2012.3.11第1回JBCFしもふさクリテリウム レースレポート!


コバさんがレポート書いてくれました!
簡単でいいと言ったのに詳しすぎワロタwww
↓↓↓↓↓以下、レポートです↓↓↓↓↓
3月11日にJCBF第1戦下総に行ってきました。
簡単ですがレースのレポートを。
※レポートは書きやすいように文体変わりますがご了承ください。
下総のコースは1週1.5KM。
平坦で始まり中盤に緩い下りがあり、直後緩い登り。
ゴール前に5%ほどの左コーナーの短い登りを登ってゴールとなる。
レースの形式としては、マスドスタートのクリテリウム。
予選を行い上位選手が決勝レースへ進める。
私の参加するE3クラスタは人数が多いため、予選は4組に分かれて行われ、
1組当たり44名で各組上位12名が、決勝へ進める。10分+2周と超短期決戦。
スタートは最前列に並べた。
スタートすぐ右コーナーで、直後左コーナーになるので、
直線的に左コーナーに入りたいので左側をゲット。
開会式が行われるが、緊張でほとんど頭には入らない。
唯一、16名が勝ち抜けという説明があった時に、「嘘だ!!」と思ったくらい。
スタートが切られる。
右足をグっと踏み込み、左のクリートをキャッチ。一気に先頭に出てコーナーへ。
スタートは狙い通り。その後先頭交代しつつ、前方をキープ。ペースはそんなに速くは感じない。
ローテーションをしててもきつくない。よしよし。
10分はあっというまで、すぐ残り2周になった。位置は前よりにいる。
残り1週を残しての最終コーナーの登り始め、アウト側隣の選手が横にスライドしていく。
ハスッたか?
そして視界後方に消えたあと落車の音。
前方はペースを上げている。前は6・7人か。
差が5Mほど開いている。埋めるのがきつい。
どうにかスタート地点付近で追いつき後ろを見る。
20M近く開いてるか?
もっとか?
チャンス。
集団に叫ぶ。「後ろ開いた。このまま落とさず行こう。」
はい。
残念ながらペースが上がらない。
登り返しで前を引くが、後ろには追いつかれそうな感じ。
最後の登りをもがく。引いたのでぽろぽろ抜かれる。後ろの集団も追いついてきた。あーー。
「10位くらいかな??」とりあえず通ったろう。
チームのみんなに合流し、やったやったと言っていたが、実際は12位だった。ぎりぎり。
監督曰く結果だけみたら最高にクレバーな走り。
ごもっとも。でも事実、脚も最終周以外は使ってないので悪くない。
午後の決勝は12:45スタート。決勝は40分+2周とクリテリウムっぽい長さ。
スタートは2列目。先頭は大学生とかが多い気がする。
予選ほどではない緊張の中スタートが切られる。
…速い。予選より速い。集団も予選よりも落ち着かない気がする。
なんとなく気遅れしてしまったのかもしれないが集団後方でしばらく様子を見ることにする。
ほぼ毎週1回くらいは「!」と軽く危ない場面を目にする。
もちろん自分もコーナーでかぶせられたりとか何回かあったが、
自分も他も落車までは至らず、怒鳴るくらいで済んでいる。(私は怒鳴ってません。)
20分を過ぎて、前に行きたくなってくるが、
上がりどころは、スタート後の大きな左コーナーが上がりやすいが、なかなか上がれない。
脚を使いたくないのと、久々の混雑しているレースだからかビビってしまい、位置取りがうまくできない。
途中前がスッっと開いたので先頭に出た。
気持ちいい。
ストレスフリーだ。
踏む踏む。
回す廻す。
…肘で先頭交代を要求。…出てこない。見落とされたか?
さらにくいくいと肘を動かす。…出てこない。。。
なんだよ?
っと思って後ろをみると6~7M開いている。
…泳がされてるし。。。
ってか調子のって上げすぎてた。
おとなしく集団に戻りもう少し先頭を引く。
監督の前を通ると、
「コバさん!おもしろーーい!!」
と応援される。…??
そのまま前方でゴールラインを通過。
が、その後コーナーでかぶせられ、ブレーキをかけた為に位置を落としてしまう。
俺下手。
また後方だ。
もう時間もない。
毎周回「前、前!」とみんな声をかけてくれる。
俺も上がりたいがうまくいかない。
集団も疲れてきてちょいふらふらしだしている。こえー。
残り2周になる。上がれない。
自分の下手くそさがちょっと嫌になりつつチャンスを待つ。
残り1周のゴールラインに向けて登りを登っていく。
ラスト1周だ。
ペースが上がる。
ジャンの音が聞こえる。
そしてブレーキの音が聞こえる。
そしてパキャッ!!と落車の音も聞こえる。
転がっている選手に前の選手が突っ込む。
一瞬の判断で「…これは止まれる」と思い、
急ブレーキは急ブレーキだがロックしないように、
そして後ろに追突されないように(つもりだけど)ブレーキをかける。
止まりきる前に落車した人の横にスペースがあるのがわかり
そこに突っ込みかわす。
…そして改めて前を見る。…集団が去っていくのが見える。。
とりあえず残り1周。なので全開で踏む。おお…やべー脚めっちゃ残ってる。。
結果は21秒遅れの26位。無事に完走。
ゴール後はチームのみんなが暖かく「お疲れ様」と言ってくれてうれしかった。
レース中もいままでこんなに応援してもらったことがないので、それもとてもありがたかった。
もうちょっと前にいれたら、落車に巻き込まれずに済んで、
着に絡めなくとも、せめて集団ゴールはできたので、ちょっと残念な思いもあった。
次は自分の中では相性がいいと信じることにしている群馬CSC。
休みが取れれば前週のJCRC群馬も出て、調子を上げてレースに臨みたい。
…余談だが後で確認したら、P1を除くE1~3、FまででE3が一番アベレージが速かった。
なんか速いなーと思った。
さらに余談、予選もE3第1組が一番速かった(P1除く)
当日応援に来て下さった皆様。
遠いところありがとうございました。
今後も頑張りますので応援よろしくお願いします。
↑↑↑↑↑以上、レポートでした↑↑↑↑↑
素晴らしく楽しいレースでした。
正直予選突破できるなんて思ってなかったので、そこまでで100点満点でした。
大落車に巻き込まれずに、無事に帰ってきてくれて何より。
チームとして、望んでいる以上の物を得られた会心のデビュー戦でした。
コバさん、そして応援して下さった皆さん、お疲れ様でした、ありがとうございました!!
夢の広がるレースでした♪ コメントくれたら嬉しいですよー
予選スタートの時の写真であります

2012.3.11第1回JBCFしもふさクリテリウム レースレポート!」への2件のフィードバック

  1. cozynooks

    初めてのレース観戦、興奮させてもらいました!

    しかしあのスピードで密集した集団の中で
    落車に巻き込まれず無事に回ってくるのが
    どれだけ大変か考えると血の気が引きます。

    レースで勝負事ですから怪我はつきものとはいえ、
    安全に無事に回ってきてくれとばかり考えてしまいます。

    コバさんお疲れ様でした。また応援に行かしてもらいます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です