【まとめ】PTTとは?PTTエリートとは?2013年どうよ?


【PTTって何だろな】

PTTっていうのはPinazou Test Teamの略で、当初は完全に架空のネタチームでした。
多分小田原のOさんという人が名付け親なんですが、実体があるわけでもないのに名付けって。
細かい経緯は覚えていませんが、私ピナ三のツイッターサムネイルに使っている、
ロブスターのぬいぐるみをデザイン化したサイクルジャージを作ろうぜ、って感じでした。

デザインはシナプスさんがしてくれました。
最初はあーじゃねーこーじゃねーって意見が出て。
最終的には2案できて。めんどくせーから両方作るぞー、ってなって。
適当に「ホーム」と「アウェイ」と呼んでます。

2011年に4月にジャージ製作に関する問合せをしている記録があって、初回の発注は5月。
実体があるわけじゃないこともあって、なかなかとりまとめが大変だった記憶があります。

そこから、長袖が欲しい的な要請を受けたり、ビブやレーパンを作ったり、
なんだかんだとジャージの発注は現在に至るまで、4回を数えました。
なんとなくホビーレースに出たり出なかったり。
ジャージメンバーは好きにやってます。
たまに集まっても別に自転車の話なんか全然しないこともある、
そんな、ゆるい、なんとない連帯感の証?みたいなのが、PTTジャージです。

【PTTエリートって…】

PTTエリートは、
「自転車ロードレース界には実業団レースっていうのがあって、なんかカッコいい!」
ということを知ったことから始まった、PTTのレース部門です。

 「自転車ロードレースを本当は本格的にやりたいんだけどやりきれない!でもやりたい!!」
 「普段所属してるショップに実業団のチームがなくてちょっとアレ!完全に移籍するわけには…」
 「ちょっとした事情があったりして躊躇しちゃうんだけどでも…でも!」
 「どっぷり浸かりきるのは厳しいけど…応援されながら走るのって楽しそうですねえ」

みたいな人っていると思うんですけど、

 「もし気が合うようなら一緒に戦わないか?後方支援するぜ!」

って思ってるのがPTTエリートです。

 「「将来ツールドフランスに出たりするような選手」のライバル選手」を将来的に輩出する

という目標があり、
当座は、

 何となくワイワイやって一体感あってPTTジャージメンバーが、
 「自転車って楽しいなー」って思えるような空気を作ること

というヴィジョンで活動してます。
呑み会も重要です。

チームと選手がやってることは、

○チーム(というかピナ三)が提供すること
 ・JBCFチーム年会費
 ・JBCFレース参加料の6,000円のうち半分
 ・わりと監督会議に出る
 ・カンパを集めてジャージを贈ったりも
 ・勝ったら奢る予定

○選手がやること
 ・JCFへの登録
 ・JBCFへの登録
 ・交通費や宿泊費は自分で払う
 ・レースのレポート

○おやくそく
 ・やるからには本気で遊ぶこと
 ・落車したり怪我したり死んだりしても一切責任取りません
 ・「素人のくせに口出しするヤツ氏ね」系の人はダメです
 ・ネタをわかってください
 ・チームオーナーは常に正しいです
 ・チームオーナーが正しくない時はちょっと上を確認して下さいね

くらいのイメージです。

【2013年シーズンへ向けて】

正直、2012年シーズンだけで終わらせたくないなー、って思うくらい楽しいです。
そして、ジャージメンバーもわいわい応援してくれます。

そこで!2013年一緒に戦ってくれる人を募集してます。

共感してくれた人、
ちゃんとJBCFで走れそうな人、
是非一度呑みませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です