JBCF大井埠頭ロードレース


ツアーオブジャパンの最終ステージでもある大井埠頭。この日は前座のイベントとしてJBCFのレースが開催された。

エントリー直後から落車を心配するお言葉をいただき、十分気をつけて、リスクは回避しようと思ってスタートした。

直後から危ないシーンが多く、スタート直後、ペダルを踏み外した選手が大きく横に移動し、多くの選手を巻き込んだシーンを見た時には唖然としたし、今からこのプロトンの中でレースをしなければならないことに不安を感じる、

レースはスピードが速く、スピード慣れしてない選手が、集団内にいても自然と遅れていく。

最後尾にいれば楽なはずなのに、遅れていく。

近年はパワートレーニングが手軽なものになり、多くの競技者が取り組んでいる。

たしかにパワーも大切だが、いかに少ないパワーで集団内にいれるかも大切なのではないだろうか?そして、その温存したパワーを勝負の時に使う。

ハイブリッド車に例えると、集団内にいる時は電気で、レースの勝負所ではガソリンで、のような感じ。

レースは結果にはつながらなかったけど、無事にゴールできました。

11032372_835219269891822_4442219842317824086_o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です