JBCFきらら浜クリテリウム


JBCFきらら浜クリテリウムに参加してきました。
一緒にアフリカのレースに出た棟久さんが立ち上げてかなりアットホームなレース、その昔は招待選手として呼んでもらって棟久さんの実家が宿泊先だったこともある、そういえばフェンスを並べたこともあるぞ(笑)っていう昔から縁がある大会。

アフリカでの一コマ(笑)地元の学校に勉強道具を寄付したので、校長先生や教頭先生と飲み会中(笑)

IMG_1462

棟チンはこれ以降、連盟関係のお硬い仕事中心にお硬い人間になってしまいました…、そのおかげか近年は出展も増えて、少しだけ大きな大会になっていってる。
今も昔も変わらないのは横風区間の辛さ。特に後半のセクションで折り返すので風向きが逆になり位置取りを考えないと非常に辛いレース。
そんな中、前日にフランスから帰国した林がE1で10位になった。残り2周でシフトワイヤーが切れ、トップギアしか使えなくなった割には良い成績だ。
今年のはじめまで、レース感やバイクのコントロールレベルが非常に低かった選手、何度か「昔のチームで自転車教わらなかったのか!?」とダイレクトに聞いたぐらい。

IMG_4950

横風が強い北フランスのレースで多少なりとも学んできたみたいでホッとした。
僕の感で身体能力のポテンシャルはあると思った、フランスに行けばレース感は改善されるとおもった。
昨日のレースはそれが大当たり、一カ所だけ突っ込みたい位置取りがあったけど(笑)、それ以外はベストな展開。
位置取りを失敗して消耗する選手、ちぎれて行く選手が多いなか、常に賢く走っていた。
もう一つ、リクエストしたかった攻撃参加もワイヤーが切れてたならできなくて仕方が無い。
6月の一時帰国の時は上手く走れず自信を失いかけてた選手、再渡仏後に3位に入るなど着実に力はつけてる。どれもこれも年下の女房役、桂選手のおかげだと僕個人は考えてる(笑)

チームオーナーはもう優勝しか望んでないみたいなんで、早いとこ勝ちたい。

え?僕のレポートは?安定の集団ゴール笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です