月別アーカイブ: 2013年8月

湘南愛輪会練習会~AA夏休み~

【前回までのあらすじ】
 神奈川県自転車競技連盟記録会@小田原競輪場にて、マスターズ世界チャンピオンに個人追抜で8秒近く詰められる惨敗を喫したおおたさん。
 諸先輩からのコース取りの指南及び「ギアが重すぎる」という指摘を受け、雪辱に燃えるのであった。
 次回第5話「関東防衛戦」『覚悟しやがれ、ド阿呆ども!!』

というわけで、ボロボロの前回から1か月を経て、今回はタイムを出していきたいおおたさん。

平成25年7月28日(日)に今度は平塚競輪場で行われた湘南愛輪会練習会に参加してきましたのでレポートいたします。

さて、上記に示す前回のトラック競技の先輩からのアドバイスを受け、私が今回実行したのは「ギアを上げる」。
行間を読んでいただければわかっていただけますよね!!

小田原競輪場では50T×14T=3.57というプロ競輪選手が使う競争で使う基本(昔は)のギアを使ったので、今回は50T×13T=3.84ってとこでひとつ。

「そんなギアじゃ踏めないですよ」
「タイムでないのはギア重すぎるからだってゆってるじゃないですか」
「3.84って踏めたら化物の部類ですよ?」

という再度の諸先輩方の忠告を受け止めつつその行間を咀嚼し、そのままダー。

そして計時。
待ち

400mスタンディング・・・32秒25

ベストの31秒96から半秒落ちてるじゃんね。

立て続けに休憩も乳酸抜きもなしに1kmTT。

自転車競技部の大学生に「おおたさんとおっかけっこがしたいです。」といういぢめを受け、追い回された結果。。。

1kmTT・・・1分21秒80

激烈に遅い。1kmはなんでこうなんだろね。(追う側の大学生は1分16秒)

失意のままハロン(200mFD)

1本目・・・12秒80(AVG56.25km/h)

あっさりベストタイム更新。ほら!ほら!ギア比上げたらタイムあがるじゃん!
そしてこの脚が余裕で残ってる感覚!?もう1本いけるんじゃん?
立て続けに2本目。

2本目・・・12秒77(AVG56.38km/h)

スプリントで立て続け2本目のが上がったのなんて初めてですもの。やっぱね、ギア上げたの正解じゃんね。

といっても、このタイム、トラックでも超鈍足の部類です。。。

さて、以上の記録を経て、最後に「ケイリン」を行うのが湘南愛輪会のスタイルです。

「ケイリン」は世界が生んだ日本のシュポーツ。

公営競技で行われている「競輪」と違って横の動きは当然禁止です。

当日の参加人数にもよりますが、公営競技に倣い、当日のタイムを総合に「チャレンジ」「A級」「S級」の3レースが編成されます。

番組編成によりS級の3R目4番車に組まれてしまった俺たちは。なんや、工藤、おま(ry

ケイリンは先頭固定4周競争。相手は結構ガチな強烈につおい人ばっかりでして。。。
とにかく先行するしかないと、打鐘(残り1周半)から先行するも、後ろにぴったり張り付かれ、HSは取るもBSは取れず逃げ粘りといえば逃げ粘りの4着/5車。

続く2走目。
4着で勝ち上がってしまい、今回もS級戦の3レース目。
1人A級戦からの入れ替え、1人つおい人の加入で6車での競争。
今回も打鐘からの先行したもののやはりBSとれずラインで3車捲り切られ、飛びつかれた1車にもゴール前チョイ差され5着/6車。
んー。勝ちたいすねー。でも僕はやっぱ先行するしかないんですよねー。

レース後もギア重い重いと言われた割にはすたすた歩けるし、今後もギア上げていきゃいーんじゃねーの?って発想になる1日でした。

なお、おおたあきひろさん(35歳・無所属・新人)は、翌日以降にふくらはぎを中心とした猛烈な脚痛に見舞われ、仕事に差し障りがありかける寸前までほとんど動けませんでした。

次回は前回の忠告を忠実に受けた上で行間を読み、ギア比をさらに上げていきたいと思っております。

いやまあ、練習しなきゃね。次回は8月11日(日)に開催される予定ですので!!