2day Race in 木祖村2013残念レースの片隅で。

初投稿になります。

おおた@小田原です。

5月26日に行われた、標記レースにHobbyメンとして出走いたしましたのでご報告いたします。

私事で恐縮ではございますが、前週に結婚式を挙げ、なかなかロードでの練習時間が取れない中、社用業務での移動(隣町の法務局まで往復24km弱)をすべて自転車(ただしママチャリ)に変え、少しでもトレーニングの足しになればと考えたのが裏目に。

レース直前の水曜日にガードレールに左胸から激突し、

「息をするだけでなんだかとっても胸が苦しいの。。。これがもしかして、、、恋?」ってぇコンディションになってしまいまして。

レース初日のJPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックスさんのTTサポートカーというスタッフ業務を無事終え、出走となる翌朝26日。

あれ、なんか右手動かねぇし。。。

特定の方向にだけ手が動かなくなる怪現象(後日、寝た姿勢の悪さによる橈骨神経麻痺と診断されました。)によりあわやDNSかと思いきや、自転車に乗ってみたらブレーキもシフトチェンジもハンドルを引くのも、その筋肉の動きには一切問題ナス。

安全を確保できることを確認し、シートポストのピンを紛失したり、出走サイン時にヘルメットやシューズを忘れる等の紆余曲折を経て、出走時間。

恥ずかしながら、私ロードレースの参加は初めてで、ローリングスタートってのも未経験。

どんなもんかと思っておりました。

最初の5kmくらいはいわゆるパレラン。特に深い意味はありませんが、駒○○学の女子の後ろという好位をキープ。

トンネルを抜け、向こう側の橋からがスタートでした。

先頭誘導車からスタートのサインが出てペースが上がるとともに、集団の勢いと速度も増していきます。

なんとか集団に食らいついて完走を!!とハンドルをぐぐっと握り直す(肋骨痛い。)

ん?あれ?集団があんまり速くない。あ、1周目だからか。

しかしやっぱりSF線前500mの坂のとこで切れる。上り苦手ですからね。あ、PTT応援テント直後くらいにすぐ切れたんです。

しかし平地がまだこんくらいのペースならやっぱり苦手な下りを差し引いても余裕でまだ第2集団くらいには追いつけるべってくらいでSF線を過ぎた後の下り。

左に大きく曲がる下りカーブに差し掛かったところ、目がけたラインになんかサングラスが転がってるのが見えたと思ったら人とビアンキが転がってる!?おい、マジか。

ラインを変えられず減速しようとしたものの、そのまま後輪が滑り、あえなく落車。

しばらく茫然。その茫然が10秒くらいだったか、1分くらいだったかはわからないくらい、とにかくやっちまったことと、結構ズサーッといってしまったので自転車もダメだろな、と決めつけこういう場合どういう風にDNFすんだろ、と考えつつ。

そりゃ茫然ともしますよ。「おい、フレームまた半年待つのかよorz」

しかし自転車みたらなんかバーテープ破れてるだけっぽい。フレームもなんか無傷っぽい。

怪我も左足の脛の擦過傷だけっぽい。「なんだ、俺、動くぞ!?」

あとはとにかく再乗して、レースで使わないつもりでいた53T×11Tを中心に、踏みました。

東側から対岸を見やるとまだ半周の差はついてない、集団に戻れるかもしれないという淡い望みを。

しかし追走しても集団へは戻れず。こりゃ近々足切だなと思いつつも諦めたらここで試合終了なんです?と。

途中で抜いてきた高校生や大学生、女子選手、他チームの選手に、いつもどおりの爽やかテイスティに抜いたあと振り返って「頑張って!」と声を掛けてきました。自分に問いかけるようにね(ドヤッ

そして3周目。橋の上で本日一番のモガキをしながら絶対かっちょいいと思って考えておいた

「100人抜いたら先頭だろ?」

という決めセリフを応援テントに向かって吐き、他チームさんからの「ケツ上げろ!ケツ上げて踏め!」という檄に応えながら約300m後。

落車後6人目の選手を抜き、ポン帝さんの背中を見ながらも、あえなく足切を宣告されたのでした。

 

今回のレースの反省は、やはり自分がまだロードレースに参加できるレベルではないということ。落車くらいで戸惑ってしまうメンタル、落車くらいのアクシデントでも前に追いつけない脚力、それから何より、不慣れを言い訳にできないほど、どうやら気付かずに「斜行」をしてしまっており、自チーム、他チームの選手からもお叱りを受けたこと。その意識と技術面のことです。

僕は、落車しましたが、一歩間違えば、ここに目がけて頑張ってきた人の足を刈り取ってしまっていたかもしれなかったということ。明日も仕事のあるHobbyレーサーであり、周りも同じ環境である人たちだからこそ、そうした最低限の技術を覚え意識しておくのは最低限の礼儀でもありました。深く反省が残るばかりのレースでした。

そして、ゴール後に気付いたこと。

落車時にレーパンのお尻の部分が破けてビリビリ。

幸い俺のお尻のCenter of the Assまでは見えてはいないものの、プリティ右半球が丸出し。

なるほど、俺が爽やかに声掛けたと思っていた選手が微妙な顔してたのも、俺が不撓不屈のガッツメン風情だったから檄飛ばしてくれてたと思ってた他チームさんの声援も、全部ただお尻丸出しだったからなのね。うん、そうなのねーーー。

よく見てみたらバーテープどころかサドルも破れてるわホイールのシャフトもガリガリだわタイヤもバースト寸前のとこまで削れてるわ、自転車が立ち直れないレベルの損傷でしたわ。

しかし、とても感激したのは、初日TTサポートカーの中で仲良くしていただいたマッサの”グリーンジャージ”伊藤選手が、2日目の本戦終了後のお疲れのところをわざわざサポートカーの御礼とご挨拶に来てくださったこと。番回りの義務と思わず、サポートするチームのために一生懸命やってよかった。

今回の反省と悔しさをバネに、次のレースでは「Hobby」レーサーであることがいかなることかをよく考え、挑戦していきたいと思います。チームとしての残念レースの結果は、エースおっぺいさんの優勝と最高の結果でした。チームっていいっすね。あたたかいもの。

なにより応援の皆様、暖かい声援を本当にありがとうございました。

あ、最後にひと言、イイスカ?

「俺が終わってるって?・・・まだ始まってすらいねぇよ!」俺選手0

(ドヤッ

あ、あ、これもね、一生懸命考えたんスよ。足切された次の周回で使おうと思ってたんですがね。

それではまたいつかこのブログでお会い出来る日まで。ジーユー!

はい、長文失礼しました。

シクロクロス東京に参加してきました。

皆さまこんにちは。ひろさとです。

2/10(日)お台場海浜公園のシクロクロス東京マスターズの部に参戦してきたので、レポートします。

ここ最近なりを潜めていたヘルニアの腰痛。今日はいつになく調子が悪い。。ジクジクと痛みがある。。前日の練習がまずかったか。。レースの2時間前くらいにロキソニンを投入。レース中に腰痛が爆発しないことを祈りながら。

さて、このレース、スタート位置がゼッケン順で60人中12番手2列目のの好位置。今日はたくさんの知り合いが応援に来てくれて嬉しい限り。でもプレッシャーで緊張のあまり喉がカラカラ。やまちゃんに水を貰って乾きを癒す。(やまちゃんありがとう!)

そしてスタート!

スタートだけは良かった。
まず最初のポイントは、スタート直後の右カーブの先にいきなり現れる砂浜セクション。クリートもうまくキャッチしてイイ感じでスタートきって6,7番手、うりゃーーーー!と勢いで砂浜に突っ込む。

が、深い砂にハンドルを取られてゴロンと横転。。ここで10人くらいにパスされる。焦る気持ちを抑えながら、自転車担いで砂浜をクリアして、そのまま階段セクションも無難にパスして、さて乗車と思ったら、クランクが空転して前に進まない。
そう、さっきの転倒でチェーンが落ちてました。ちょっとパニックになりながらチェーンを直してるうちに20人くらいにパスされる。

スタート直後の砂浜セクション。
失意のまま林道セクションに入ったら待っていたのは大渋滞。イライラしながら4,5人をパス。
長い砂浜セクションも試走の時は乗れそうなライン見つけてたはずなのに、もう舞い上がってしまってまたもや転倒。

あとはもうグダグダ。

極めつけは3周目、砂浜で転倒して起き上がったら、クランクが全く動かない。チェーンがどこかに噛んでしまったか!と思って色々触ってみるもどこが原因な のか全く分からない。ちくしょー!!!もうダメだ!!!走れない!!って声を上げた瞬間目に入ったのが、ぐにゃりと歪んだカンチブレーキの姿。速攻でブ レーキを修正して再乗車。
担ぐ男
砂浜のランで消耗した体力。意識朦朧としながら林道セクションを走る。でも、コースのあちこちで「ひろさとさーーん!頑張れ!」って声を掛けてくれるPTTメンバーの姿が。折れそうな気持ちを立て直しながらなんとかゴールまで走りました。

今回は運良くスタート位置が良かったので、全体の1/2ぐらいの位置で、あわよくば1/3ぐらいの位置でゴールできればと思ってたのに、結果は惨敗。
とてもとても悔しい。

会場で応援してくれた皆様、ありがとうございました!皆のおかげで最後まで走ることができました。
とても悔しいので来年リベンジしにきます!待ってろお台場!

 

【番外編】ドュエマカードその後

みなさん、寒くなってきていますが、いかがお過ごしでしょうか。
クリートが外せるかどうか心配になるくらいロードに乗っていないピナ三です。

先日、ひろさとJr.のけんちゃんに贈ったでゅえまかーどのお礼がきております。
次は優勝だ!!!

———————————————

ぴなぞう監督をはじめ、デュエマカードのお金を出してくれた皆さん、ありがとうございました。
これからも一生けんめい練習して、レースでいい成績を残せるようにがんばりますのでおうえんをおねがいします。

———————————————

パックの中に下のカードが入ってて凄く嬉しかったそうです。
「偽りの羅刹アガサ・エキュール」「黒神龍グールジェネレイド」「魔龍バベルギヌズ」
わけわかりませんね、、、w(父・談)

なるほどな。
ビックリマンみたいなことか。

10/14秋のしもふさクリテ@フレンドリーパーク下総

どーも、ピナ三です。

ジャパンカップが終わって、すっかり祭りの後感ですがいかがお過ごしでしょうか。
祭りを振り返るのは次回にさせて頂くとして、今回は番外編!
PTTホビーメンバーとしてちょくちょく遊んで下さっているひろさとさんのジュニア、
健ちゃんがザリガニジャージを着て、しもふさクリテを戦ってきてくれましたので、
ひろさとさん父子にレポートして頂きたいと思います!!
(以下、原文ママ)
——————————————————————
行きは自走で約25キロを走ってウォーミングアップをしました。
スタートの時きんちょうしました。昼食のパンがリバースしそうでした。
1~3周目は同じてんかいでした。
4周目のトレインの時に先頭に立ちました。
さいごはしゅうだんでスプリントして5位くらいの順位から
アタックしたら2位だったのでうれしかったです。
スプリントの練習しといてよかったなと思いました。
ひょうしょう台に立ててうれかったです。
次のレースもいいきろくがでるようにがんばりたいです。
以上、デュエマがほしいから書きました。
本当はもっと書けるんだけど、ねむいしハンガーノックだし、
そりゃこんくらいしか書けないよ・・orz
2位!!すごい!!ww
以上、これではあまりにもアレなので、父である私(ひろさと)がレポートします。
重度の花粉症である健太、春シーズンは満足に練習もできず、
レースでも結果を残せませんでした。
そこで8月から春の悔いをはらすべく秋のレースに向けて
徹底的に乗り込み練習を開始しました。
8月は月間1000キロという目標を立てて距離をこなし(これがキツかった・・・・)
9月は距離は控えめにインターバル&スプリント練習を繰り返しました。
10月には全国ジュニアの大会が四日市であり、親としては密かに目標にしていました。
そして、しもふさクリテの1週間前健太に「全国ジュニアに出てみないか?」と切り出したところ、
急に表情を変え目に涙を溜めたまま、一切口を開こうとしませんでした。
意外な息子の反応に動揺しましたが、
薄々最近自転車へのモチベーションが下がっているのを感じてもいました。
そう、やらせすぎました(反省)
二人で練習するとついつい不甲斐ない走りをする息子にキツイ言葉を掛けてしまうことがあり、
自転車に乗る事が楽しくなくなってしまっていたようです。
友達と遊びたいのを我慢して練習に連れ出したりしてたからなぁ。
次の日、1日考えて、息子とじっくり話し合いました。
「自転車は楽しい!だから練習は楽しく!」と方針を決めました。
「でも、しもふさクリテは申し込んじゃってるから、今まで練習した成果を出し切るように頑張ろう!」
息子も納得したようでレースに対して、そして自転車に対して少し前向きになってくれたようです。
そして、しもふさクリテ当日。
会場までは約25キロ、普段は会場でローラーでアップすることが多いのですが、
会場で雰囲気にのまれてしまうことの多い健太、
ローラーをさせても集中できないことが多かったので、思い切って自走にしました。
調子にムラがあるので、自走の際健太の後ろについてチェック。
脚がキレイに回ってて調子はいい感じ。
会場に着いたら案の定急に緊張してきたようで、話しかけてもちょっと上の空。。
自走でアップしといてよかった。。
小学生の自転車レースは裾野が小さく世界が狭いので
どのレースに行っても同じようなメンバーになることが多く、
スタートリストを見て大体の順位が想像できちゃったりします。
で、スタートリストを眺めると、今まで1回も勝ったことのない強敵が二人います。
これは良くて3位かなぁ、、、なんて思いつつスタートの時間が近づいてきました。
健太は緊張のピークに「おえぇ、おぇええ」って吐きそうな勢いです。
「負けても良いから積極的に前に出て力を出し切ってこい。」とだけ指示しました。
そうこうしてるうちにスタート地点に子供達が集まってきました。
小学6年にもなると急におっさん化する子っていますよね?
体はデカいし声変わりして喉ぼとけが出てきて、、
いました、おっさん系小学生レーサーが二人も。
二人ともあまり見たことのない子です。
見るからにパワーがありそうです。
それに比べてウチの子ときたら、、子供っぽい(^_^;)
「こりゃ表彰台無理かもな。。」なんて思いました。
さてスタート。
距離は1.5キロのコースを6周、合計9キロで争います。
クリートもスムーズにキャッチして勢いよくスタートしていきました。
1周目、早くも先頭集団が7人くらいに絞られてました。健太は3番手くらいにいます。
いつも負けてばかりの強敵二人(山田君とマリオ君)、
あとおっさん系の二人(以下、おっさん1&おっさん2)も集団内にいます。
2周目あたりからローテーションが回り始め
マリオ君とおっさん2を中心に回しているように見えます。
健太は集団後方に下がっていたのを見て「もっと前に出ろ!」と声を掛けました。
4周目健太が先頭で帰ってきました。
ゴール前の坂を堂々と力強く引いています。
その逞しく勇敢な姿にちょっと胸が熱くなりつつ「いいぞいいぞ!」と声を掛けました。
先頭を牽く健太くん。
そして最終周回に突入、
向う正面を確認したところおっさん1が集団を引き離して独走しているのが見えました。
健太は5番手くらいを追走しているのが見え「苦しいのかな??ダメか、、??」
なんて思いながらゴール前で待機。
まず、おっさん1が帰ってきました。独走です。体デカイです。
数秒後、ゴール前の坂をなんと健太が先頭で入ってきました。
「うおおおお!頑張れ!頑張れ!」
必死の形相で息子がスプリント!そのままゴールに飛び込んできました。
いつもスプリントで勝てなかった山田君とマリオ君に初めて勝ちました。
 1位 おっさん1
 2位 健太
 3位 おっさん2
 4位 マリオ君
 5位 山田君
表彰台で微笑む息子の姿に父ちゃん涙がでそうになりました。
かっこいいぜ、よくキツイ練習頑張ったよ、、、って。
下がってしまったモチベーションもこのレースで自信を取り戻したのか、
レースに対してもに前向きになったようです。
全国ジュニアはエントリー締め切られちゃったので出場しませんが、
残り少ない小学生レース
楽しみながら頑張ろうな!
【今後のレーススケジュール】
 ■ロード
 11/11 JCRC西湖
 12/02 JCRC最終戦@NATS成田
 12/08 東京ベイエンデューロ@袖ヶ浦 (父子で表彰台狙います)
 ■シクロクロス
 11/4 GPミストラル #3
 11/25 秋ヶ瀬の森バイクロア
 1/13 GPミストラル #5
 2/17 GPミストラル #6
——————————————————————-
以上、ひろさとさん父子でした。
健太くんにはデュエルマスターズのカードを贈る予定ですので、
一口乗りたいファンの方は申し出て下さいねーw
では、今週末、輪島いってきます!
【今後のエリート組参戦スケジュール】
 10/28 輪島ロードレース(石川)
 11/3 幕張クリテリウム(千葉)
すごいぞ!!かっこいいぞ!!!