オデキが痛い


前週に開催されたツールド八ヶ岳で作ったお尻のオデキが治りきらないままJBCF群馬CSC 2Daysに参加しました。
E2、24位(先頭集団最後方)完走

Day1

スタート時間が遅いので家でゆっくり朝食を食べていると「試走で落車発生、救急車がコースイン」なんてイヤな情報が流れてきて出走したくなさが高まる。
暗い気持ちで準備を済ませて現地入り。高速と一般道で3時間。芝生エリアでチームに合流。しばしグダグダして過ごす。

20分遅れで進行中っぽいアナウンスがあったのでのんびりとアップ開始。スタート1時間前だというのに招集エリアには待機列。前に並んでもそんなにメリット無いでしょ
外に出て猿ヶ京方面に下る。適当なところで引き返してアップ、踏んだり回したりいろんな筋肉に刺激を入れる。やっぱりサドルにどっかり座ると微妙にオデキの痕跡が障る感じがある。

なんとなく招集エリアに並んでなぜか定刻通りにスタート。

1周目

久しぶりの集団走行で緊張していてオデキの相手をする余裕はない。心臓破りの坂の手前で集団右側で落車発生。波及して一番左の選手がコース外に飛び出し転倒。その2台後ろにいたのでモロに煽り食らう、一回休み。
チームメイトと練習仲間が巻き込まれていないっぽいので安心して先頭集団を追っかける。オデキさんの相手をする暇はない。

2周目

先頭集団を追うことで精いっぱい。オデキは駄々をこねている。

3周目

どうやら先頭集団に合流できたようだ。練習仲間のピグと他2名が飛び出しているが差は開かない、中途半端だね。オデキと対話する余裕ができた。できてしまった

4周目

なにもない。オデキがややうるさい。

5周目

バックストレートまでは平和。最終周なのでオデキの相手をするつもりはない。
監視塔の裏を過ぎたあたりから集団に不穏な空気が流れ始める。“おいしいポジション”を確保できなかったので危険回避のために後ろに下がる。
ホームストレートに出て加速する集団の一番後ろを流し気味についていく。ゴール150m前くらいで右前方で落車発生。30人近い集団の後ろで何やってんのさ…

チーム本体と一緒に現地を離れ一人帰路に。帰りは全行程一般道。

Day2

午前中は部屋の掃除。午後からジムでウェイトトレーニング。サドルに座らなければオデキは暴れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です