どうも、僕です。


・・・拙者親方と申すは、お立合いの内にご存知のお方も御座りましょうが

お江戸を発って二十里上方、相州小田原一色町を御過ぎなされて、青物町を上り御出でなさるれば

城山四丁目競輪屋○田○宏、只今ではJBCF登録致してオダワラジョーと名乗りまする・・・

 

今年から#ptt_eliteとして参戦させていただきます。 なんかこう今さらでなんですが、よろしくお願いいたします。

 

伊豆CSC順回り1周15分。誤植じゃありません。15分です。

ホビーメンを含めても、PTT最弱間違いなし。

得意分野は0ダッシュ。トラックではチームスプリント第1走(クビ寸前)が主戦場。

でもそんなんロードレースじゃまったくもって何の役にも立ちません。 ましかしでもね、そんなあたりのイビツさが何かの可能性になりうるかもしれない、とね。三十路も半ばにして次の姿への変容を求め、トラック・シクロクロスに加えて今シーズンからロードレースに挑戦させていただくことにいたしました。

 

完走、入賞、昇級に優勝。あっちもこっちも恋せよエリートメン。

高みを目指す若者たちの目標は僕の目線より遥か高いところにありますが、僕の目標は1レース1レース「真っ直ぐ走ること」。 だって真っ直ぐ走ることがゴールへの最短距離でしょう。当たり前ですけども。

いつか誰かのアシストができればいいな、なんてことは夢見がちに思い馳せはしつつ。 目の前のリザルトへのこだわりよりも、一走一走、応援してくれる観客席を盛り上げられるよう、がむばります。

 

声援、それは君が見た光、僕が見た希望。

檄も野次も目いっぱいを背中に受け、中年の意地を見せてやりますよ。

 

ってことで、1年間、オナシャス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です