ウィンタートラックチャンピオン大会


IMG_0616 (1024x768)

諸般の事情により、7月までレースレポートを書くことがなさそうなので、ここで殺伐とした年度始にひとつ、平成26年3月15日(土)に開催された静岡ウインタートラックinベロドロームチャンピオン大会にたけこさん、いちえさんとPinazou Test Teamとして参戦してきましたのでレポります。

本年度のウインタートラックは平成25年11月30日の第1戦を皮切りに、計3戦が行われました。

今回のチャンピオン大会は、文字どおり入賞者のほか、全大会参加者、大会参加回数の多い者の順に出走が決定します。

第1戦、第2戦で惨敗してきた私ですが、21世紀枠で出走してきました。

出走種目は3種目、「チームスプリント」、「1kmTT」、「ケイリン」です。

チームスプリントは3人の走者が、同時に出走し、1周ごとに1人ずつ外れていき、最終的に第3走者がゴールした時点でのタイムを計測します。 250mバンクである伊豆ベロドロームは250m×3周=750mのタイムを計測します。

第1走者:おだわらさん、第2走者:たけこさん、第3走:いちえさん

チースプのこの並びは脚質や脚力を十分に考慮する必要があります。 ゆえに、最大の見どころがチーム3人の「空中分解」であったりもしますね。

 

「○海大学にだけは負けたくないっす。」

管弦楽部だろうが自転車部だろうが関係なし(ある。 学番の2桁目がアルファベットの世代に負けたらOBとしてのメンツがですね。

チームスプリントは53秒786でフィニッシュ。

【第1走者 おだわらさん】 0-125m(13秒071)-250m(21秒240)  (125-250m 8秒169)

【第2走者 たけこさん】 -375m(29秒386)-500m(37秒552) (250-375m 8秒146)(375-500m 8秒166)

【第3走者 いちえさん】 -625m(45秒690)-750m(53秒786) (500-625m 8秒138)(625-750m 8秒096)

 

7チーム中5位。 母校には勝ちましたけど、第1走のキレがイマイチっすね。 250mはこれでも練習・公式合わせたベストです。次につなげましょう。

 

続いては、1kmTT。 ホームとバックスタートではたけこさんと直接対決(そういう競技ではない) 記録は1分18秒609。公式ベストタイム。

 

LAPタイムは 0-125m(13秒168)-250m(21秒414)-375m(29秒646)-500m(38秒321)-625m(47秒575)-750m(57秒355)-875m(1分07秒745)-1000m(1分18秒608)

細かく見ていくと

0-125m 13秒168(10位/27人中、以下同)

125-250m 8秒246(9位)

250-375m 8秒232(17位)

375-500m 8秒675(23位)

500-625m 9秒249(26位)

625-750m 9秒785(26位)

750-875m 10秒390(26位)

875-1000m 10秒863(27位)

NCM_0012

これがすべてを物語ってる感じですね。 ラストの方なんかこれじゃ多分バンク走行体験の試乗車より遅いですよ。前半のダッシュをさらに伸ばし、後半の黄金のタレをとにかくなんとかしなくてはという明確な課題。

 

なお、この後、アップ中の三本ローラー上で居眠りして一回転しての大落車、そしてケイリンは先行できずドン尻という香ばしいこともやらかしましたが、怪我なく無事終了。

ザコい成績で2013/14冬シーズンを終えました。

しかしここから。 誰にも期待されていない僕だからこそ、上がってけばネタになるでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です