春の舞洲


JBCF春の舞洲を走ってきました。
このブログを書けているということは、最低限死んでいないということで、最大の目標は達しています。

今週末にはRapha Prestige上勝が開催されることもあり、合宿的に高野山まで自走で往復するなど、それなりに乗ってましたので、コンディションは上々だったのですが、レースは水物ゆえ、上場ゴールという詐欺が起こる可能性も否定できません。心の中でてるてる坊主を逆に吊して豪雨にならないかなぁと思っていたのですが、そんな時ほど晴れるのです。

DSC_9278
photo: kikuzo

会場までは自走にて。NSBのバックパック調子良いです(宣伝)。会場に到着した瞬間に救急車が入場、さらに最終コーナーでの落車を目撃。昨年の悪夢が蘇ります。

コーヒーなどを淹れて備えます。

チームメイトの内山選手がE1で優勝、ヤンボー選手も6位に入賞するなど、盛り上がるチーム関係者、なぜか感じ無くていいプレッシャーを感じる僕。先だって開催されたE3-1、E3-2の両方で落車中断があり、僕の走るE3-3でも波乱があるのは必死、定刻よりも遅れてレースはスタートします。

DSC_1532
photo: kikuzo

とりあえず、後ろの方でレースを展開して、徐々に上げて行く作戦だったのですが、どうもおかしいのです。頑張って誰かのスリップストリームに入っても全然楽では無く、そんなに足を休めることができないのです。なので、「徐々に上げて行く作戦」どころか、集団後方で殺され続けることになりました。

レースも後半になると段々とコーナーにも慣れてきて、スピードを殺さずに曲がれるようになってきたのですが、それは他の選手も同じで、決して楽になることはありません。

2016春の舞洲
photo 辻啓

立ち上がりは毎回全開状態です。この写真では余裕で500-600Wは出ています。最後の2周になった段階でもう足が終わっていたのですが、この日のベストラップ1分6秒を叩き出して、最終周回になだれこみます。最後のバックストレートでチラッとGarminを見ると200W台で、「あ〜俺のレースは終わった」と感じました。リザルトはトップから13秒遅れの42位で、ゴール後にはRueda名古屋のオッチー選手から「テイスケさんいました?」と強烈な言葉の暴力を浴びる始末。

それになりに調子は良かったのに、ほぼ最後尾でのゴールには若干落ち込んだのですが、調べてみて納得。今年の春の舞洲の平均速度が43.87km/hで平均236W対し、昨年の秋は41.78km/hで平均190Wでした。つまり、今年の春はメンツがエグくて平均がE1並にめちゃめちゃ速くなったようです。アスリートとしての自分自身は成長しているようですので、40歳を超えてからの実業団は怪我をしない程度に引き続き参戦したいと思います。写真を取って頂いたkikuzo氏、辻啓氏、そして応援頂いた皆様ありがとうございました。

次戦は未定です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です