大分 幕張


大分クリテリウム
26.4㎞
結果 2位

今回は例年のコースと同じだが逆回りになった。
最後のスプリントは立ち上がりからではなく、コーナーである程度速度を保ったままからのスプリントになると予想されたのでトップスピードが勝敗を分けると思ったので有利だと感じた。

レースがスタートして終始アタックがおき、常に吸収とアタックが繰り返された。周りの敵チーム同士で、自分がスプリントがあるという事が伝言されていていたらしく、自分も逃げさえ決めさせなければ勝てると感じていた。
繰り返されるアタックを何度も捕まえたつもりだったが、ラスト1周で4名ほど逃げが決まり、その4名の中からさらに1名飛び出す。
自分はスプリントしてその勢いで逃げ3人を捕まえたが1人は逃してしまった。

大分ロードレース
60㎞
結果 2位
ほぼ登りと下りしかないコースレイアウトで、自分は登りで遅れないこと。そして、逃げをつくらせないことを目標に走った。
昨日と同様逃げが繰り返される。

分裂と吸収が繰り返されるが、決定的な逃げは出来ずレースは進むがラスト周回で昨日と同じく数名逃げが出来ている状況。その数名の逃げから1人飛び出し、自分はスプリントしてその勢いで他の逃げの選手を捕まえたが1名は逃げ切られてしまった。
調子が良くなかったのが主な原因だと思うがそれでもスプリントは負けないのだと感じた。

幕張クリテリウム
28.35㎞
結果 リタイア
大分の前から調子が良くなく今回のレース前は非常にコンディションが宜しくなかった。
けれど、今年最後のロードレースなので参戦はしましたが途中リタイアしました。

これからレースが減りオフシーズンに入りますが徹底的に体力づくり、スタミナアップを図るためトレーニングに励みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です